【季節のこころレシピvol.90】万能!にんにく油味噌

2018-06-26 18:52:38

90回目の配信を迎えた季節のこころレシピ、今回から配信内容をリニューアル!

これから月ごとにテーマを変えて、栄養学やミニコラムと共に季節のこころレシピをお届けしていきます。

 

6月のテーマは『毎日食べたい作りたい、夏の常備菜レシピ』

4回に渡って発酵調味料をふんだんに使った定番常備菜レシピとそのアレンジをお届けします♪

 

本日のレシピはまとめて作っておくととっても便利、どんなお料理にも使える“にんにく油味噌”

お家にあるものだけで手軽に、シンプルに。夏バテしがちなこれからの季節もお野菜やお肉をたっぷり食べられるようになる超万能!な一品です。

 

 

6月も終わりに近づき、梅雨のじめじめとした蒸し暑さや、真夏のように暑くなる日もあるこの頃。季節の変わり目、気候の変化に体力も気力もちょっとお疲れモードになりがち。

そんな時こそお食事を整えて、元気に乗り越えていきたいですね。

 

そこで今回は、スタミナ食材の代表「にんにく」を使った、万能調味料を紹介します!

にんにくの旬は5~8月。みずみずしい旬のにんにくは、これからどんどん暑くなる時期に向けてぴったりの食材です。

にんにくのにおいのもととなる「アリシン」。このアリシンに疲労回復・殺菌作用・抗酸化作用がありますが、アリシンは刻む、すりおろすなど細胞を壊すことで発生。加熱に弱い物質ですが、油と一緒に調理すると分解されにくくなります。

またアリシンは、ビタミンB1と合わせると、より体内に吸収されやすくなるため豚肉など、ビタミンB1を豊富に含む食材と合わせるのがおすすめです。

ではレシピのご紹介です。

 

【季節のこころレシピvol.90】万能!にんにく油味噌

材料(2人分)

にんにく 3片(約20~25g)
A味噌 大さじ5
Aみりん 大さじ4
A酒 大さじ2
ごま油 大さじ1

 

作り方

1. にんにくはみじん切りにする。Aを混ぜ合わせておく。
2 .鍋にごま油、にんにくを入れ火にかけ、弱火で1~2分、焦げないようにじっくり炒める。
3. Aの調味料を加え、弱めの中火でとろみがつく程度(3~4分)まで煮詰める。

*冷えると固まるのでちょっとゆるいかな?と思うぐらいで火を止めると良いです。
*お使いの味噌やお好みに合わせて甘みは調整してください。

 

 

アレンジレシピもご紹介

にんにく味噌は、野菜にそのまま付けて食べたり、焼きおにぎりにしたり。

練り胡麻やお酢と合わせて豚しゃぶのたれにするのもオススメです。(その場合は、にんにく味噌小さじ1に対して、練り胡麻・豆乳・酢を各大さじ1〜を混ぜてみてください。)

 

 

野菜に塗って、チーズをかけグリルしたらあっという間に一品完成!

 

 

豆板醤で辛みをプラスしてしょうが、ひき肉、豆腐と炒め合わせれば、簡単麻婆豆腐にも使えます。

いろいろなアレンジを楽しみながら、にんにくパワーで元気に過ごしましょう♪

 

メッセージ

 

先日、気になっていたカフェに行ってきました。お料理は美味しく、何よりお店の方が丁寧で、お食事にも温かみが感じられて、居心地が良かったです。

この時感じたことが、何を食べるかも大事だけれど、どういう場所で、どういう風に作られて、それによってどんな気持ちで食べるのかは本当に大事だなぁということ。

ただ美味しいだけではない。その場所の空気感や誰かの温かさや想いが加わることで、食事はより豊かになるのだなと感じました。

忙しいとついつい蔑ろになりがちだけれど、日々のお料理も出来る範囲から丁寧に向き合いたいなと思いました。

(レシピ担当:こころキッチンプランナー 岸本ゆか)

 

 

最新季節のこころレシピ情報はこころキッチンLINE@でお届けしています。

それでは次回レシピもどうぞお楽しみに!

 

季節のこころレシピについて / これまでのレシピ一覧

 

一覧ページ