【季節のこころレシピvol.113】鶏の旨みたっぷり・簡単!参鶏湯風スープ

2018-11-05 19:55:29

本格的な冬に向かって寒さ深まる11月は『心と体がほっと温まる具沢山の食べるスープ』をテーマに5つのとっておきこころレシピをお届けします♪

本日は鶏や香味野菜の旨みがぎゅーっと詰まった“簡単!参鶏湯風スープ”をご紹介します。

 

 

皆さま、こんばんは。こころキッチンプランナーの岸本ゆかです。

寒さが少しずつ増してくる11月。本日はそんな寒くなる時期にぴったりの鶏手羽元を使った簡単「参鶏湯風スープ」のレシピをご紹介します。

参鶏湯 (サムゲタン)とは韓国料理の一つで、丸鶏のお腹に高麗人参やもち米、なつめ、にんにくなどを詰め、長時間じっくり煮込んだお料理です。

漢方薬としても有名な高麗人参やなつめ、にんにくなどを一緒に煮込むため、薬膳料理や滋養食として長年親しまれています。そのため本場韓国では夏バテ時の疲労回復としてよく食べられているそうですが、鶏肉や生姜、にんにくなど身体を温めてくれる食材がたっぷりなので、寒くなる冬の時期にもおすすめです。

今回は鶏手羽元を使ってお家でも手軽に作れるレシピなので、ぜひおうちごはんにいかがでしょうか?

それではレシピのご紹介です。

 

【季節のこころレシピvol.113】鶏の旨みたっぷり・簡単!参鶏湯風スープ

材料(2人分)

鶏手羽元 4本
長ねぎ 1/2本
しいたけ 1個
クコの実 大さじ1
甘栗(あれば) 4個
生姜 1かけ
にんにく1かけ

水 2カップ(400cc)
塩麹 大さじ1
塩麹 (or塩) 適量
胡椒 適量

 

作り方

1. 鶏手羽元に塩麹を揉みこみ、15分程おく。

 

2. 長ネギは4cmのぶつ切り、しいたけ、生姜、にんにくは薄切りにする。

 

3. 鍋に水、生姜、にんにく、鶏手羽元を入れ強火にかけ、煮立ったらアクをとり、長ネギ、しいたけも加え弱火で約20分煮込む。

 

4. クコの実、甘栗も加えさらに3分程煮たら、塩麹・こしょうで味を調え、器に盛りお好みでごま油(分量外)を回しかける。

 

*大根や人参などお好みの野菜を加えても美味しく作れます!
*鶏手羽元に塩麹を揉みこむことで旨みがアップします

 

 

メッセージ

 

日々のおうちごはんでも、外食でも、味噌汁やスープなど温かい汁物があると、身体が温まるのはもちろん、心もほっとしませんか?

特に寒くなるこれからの時期は、平日の会社ランチでもスープジャーに温かい味噌汁やスープを入れて持参するのも良いですね。

前日の夕飯の残りの味噌汁でも良いですし、残り野菜とお肉などををさっと重ね煮し、塩こしょうで味を調えるだけでも美味しい出汁が出て、旨みたっぷりの簡単スープになります。

頑張りすぎず、アレンジを楽しみながら、スープで心も体もほっと温めていきましょう♪

(レシピ担当:こころキッチンプランナー 岸本ゆか)

 

 

<#こころつくれぽ お待ちしています♪>

季節のこころレシピを使った皆さんの素敵な料理や食卓の風景をハッシュタグ「#こころつくれぽをつけてInstagramでご投稿ください♪

毎月月末に皆様の投稿をピックアップしてこころキッチンHPでご紹介させていただきます。

 

 

<最新季節のこころレシピ情報はこころキッチンLINE@でお届け中>

これまでのレシピ一覧はこちらよりご覧いただけます。

 

今月もレシピスタッフ一同心を込めてお届けしてまいります。

それでは明日も美味しく心温まる1日を!

 

一覧ページ