【季節のこころレシピvol.133】バター香るたこの塩麹ピラフ

2019-03-10 19:55:18

3月の季節のこころレシピは、4月開講”魚のさばき方レッスン”に先駆けて『海鮮を身近に!春野菜と楽しむ海の幸レシピ』をテーマにお届けします♪

本日は炊飯器のスイッチ1つで御馳走レシピ、“バター香るたこの塩麹ピラフ”をご紹介します。

 

 

こんばんは。こころキッチンプランナーの大澤 綾です。

花粉症の私は毎朝、テレビの花粉の飛散量の情報をみて一喜一憂しております。
辛いですが、春が近づいてきているのを感じます。

 

今月のテーマは「海鮮を身近に!春野菜と楽しむ海の幸レシピ」

今回はタコを使ったレシピを紹介します。ゆでだこなら季節を問わず手に入れやすく、面倒な下準備も不要なので便利な食材です。

タコは女性が積極的に摂取したい「亜鉛」や、コレステロールを排出してくれる「タウリン」が豊富に含まれています。アスパラガスにはビタミンA、ビタミンC、疲労回復効果のあるアスパラギン酸が含まれています。

タコとアスパラガスの栄養を効果的に摂取して身体の中から美しくなっていきましょう。

それでは、レシピの紹介です。

 

【季節のこころレシピvol.133】バター香るたこの塩麹ピラフ

材料(3-4人分)

【たこのピラフ】

米 2合
ゆでだこ 100g
玉ねぎ 1/2個
にんじん 1/3個
しめじ 1/2パック
にんにく(にんにく) 大さじ1/2

バター 10g
白ワイン(or酒) 大さじ2    ※酒を使用する場合はレモン汁を少々
出汁 360cc
塩麹 大さじ2
塩・胡椒 適量

【アスパラガスの醤油バターソテー】

アスパラガス 2本
バター 5g
醤油 少々
胡椒 少々

 

作り方

1. お米を研いで、20分浸水させ、ザルにあげて水気をきる。玉ねぎ、にんじんはみじん切りにする。しめじは小房にわける。タコは食べやすい大きさに切る。

 

2. フライパンに弱火でバターをとかし、玉ねぎ、にんじんを玉ねぎが透きとおるまで炒める。透き通ったら、タコと白ワインを加え水分がなくなるまで炒める。

 

3. 炊飯器にお米を入れ、出汁と塩麴を加えて普通モードで炊く。

 

4. 炊き上がったら塩・胡椒で味を調える。

 

*炊いている間にアスパラガスの醤油バターソテーを作ります。
アスパラガスは斜め薄切りにし、フライパンにバターを溶かしてアスパラガスを炒め、胡椒と醤油で味を調える。

 

 

 

メッセージ

 

今シーズンも味噌を仕込みました。1人で仕込むのは億劫なので、みなさんとワイワイしながら仕込むのが好きです。

仕込み女子部で豆みそ、米みそを仕込み、仕込み女子部以外でも玄米みそ、麦みそ、天然酵母入りの米みそ、と何種類もの味噌を仕込みました。

麦みそは熟成期間が1ヶ月半から2ヶ月で12月に仕込んだので食べ頃を迎えます。反対に豆みそは熟成期間が2年と長いので時々、覗いて熟成具合を観察しています。

これからも季節の仕込みごとを大切にし、四季の変化を感じていきたいと思います。

(レシピ担当:こころキッチンプランナー大澤綾)

 

 

<#こころつくれぽ お待ちしています♪>

季節のこころレシピを使った皆さんの素敵な料理や食卓の風景をハッシュタグ「#こころつくれぽをつけてInstagramでご投稿ください♪

毎月月末に皆様の投稿をピックアップしてこころキッチンHPでご紹介させていただきます。

 

 

<最新季節のこころレシピ情報はこころキッチンLINE@でお届け中>

これまでのレシピ一覧はこちらよりご覧いただけます。

 

おうちごはんで心と体をほっと緩めて、笑顔で春を迎えていきましょう。

それでは明日も美味しく心温まる1日を!

 

一覧ページ