【季節のこころレシピvol.109】ふわふわ鶏つくね&甘辛たれ弁当

2018-10-11 19:55:30

食欲の秋、過ごしやすさも深まる10月は『栄養満点!発酵×ボリュームのっけ弁当』をテーマに5つのとっておきこころレシピをお届けします♪

本日は冷めても美味しい“ふわふわ鶏つくね&甘辛たれ弁当”をご紹介します。

 

 

食欲の秋を謳歌中のプランナーあやです。この投稿を書いている最中、石焼きいもの販売移動車のアナウンスが聞こえてきて秋を感じています。

皆さまいかがお過ごしですか?私の周りでは目まぐるしく変化する気候で体調を崩している方が多いです。体調には気をつけくださいね。

 

今月のテーマは「ボリュームのっけ弁当」

お弁当は日本独自の食文化で人と人をつなぐコミユニケーションに役立つと思います。お弁当を作る人は食べる人の事を思って作り、食べる人はお弁当を楽しみに食べるのを待ちわびていたり、おかずを交換したりと人それぞれの楽しみ方があると思います。

今回ご紹介する「ふわふわつくね弁当」、主菜のつくねで使う鶏むね肉は健康効果の高い食材です。疲労回復、ダイエット、皮膚・髪・爪の修復や再生、ホルモンバランスを整えるなどの効果があります。

お弁当なので味付けをしっかりして、冷めてもふわふわなつくねにしました。

ぜひ、作ってみてくださいね。

 

【季節のこころレシピvol.109】ふわふわ鶏つくね&甘辛たれ弁当

材料(作りやすい分量)

鶏むねひき肉 200g
絹豆腐 70g 
にんじん 1/4本
ごぼう 1/4本
塩麹 大さじ1/2
しょうが(すりおろし) 大さじ1/2

片栗粉 適量
油 適宜

A酒 大さじ2
Aしょうゆ 大さじ2
Aみりん 大さじ2

 

作り方

1. にんじんとごぼうはみじん切りにする。

2. ボールに鶏むねひき肉、豆腐、1の野菜、塩麹、しょうがを入れよく混ぜ、一口大の大きさに成形する。片栗粉を軽くまぶす。

 

3. フライパンに油を入れ熱し、2を並べ弱火で両面を焼く。

 

4. 3を取り出し、Aを入れて煮立たせる。3を戻し入れAを絡ませ、汁気がなくなったら完成。

 

*鶏つくねが成形しづらいときは、手に水をつけてから行なってみてください。焼いた後、使わない分は冷凍しておくと便利です。

*鶏つくねの具はれんこんなどの根菜類、しそ、ひじきなどもよく合います。

 

 

メッセージ

 

子供たちのためにお弁当を10年以上も作っているんだなぁと自分でもびっくりしています。

私のルール、時には市販品に頼ることもありますが、1品は必ず手作りのものを入れると決めています。

お弁当と思うとハードルが高いと思いますが、前晩のおかずを入れたり、あらかじめ下ごしらえをおいて朝は加熱するだけにしたり、副菜は常備菜を活用して。ご自身のペースでお弁当づくりを楽しみませんか?

(レシピ担当:こころキッチンプランナー大澤綾)

 

 

<#こころつくれぽ お待ちしています♪>

季節のこころレシピを使った皆さんの素敵な料理や食卓の風景をハッシュタグ「#こころつくれぽをつけてInstagramでご投稿ください♪

毎月月末に皆様の投稿をピックアップしてこころキッチンHPでご紹介させていただきます。

 

 

<最新季節のこころレシピ情報はこころキッチンLINE@でお届け中>

これまでのレシピ一覧はこちらよりご覧いただけます。

 

今月もレシピスタッフメンバー一同心を込めてお届けしてまいります。

それでは明日も美味しく心温まる1日を!

 

 

 

一覧ページ