【季節のこころレシピvol.112】自家製鮭フレークと発酵卵そぼろ弁当

2018-10-31 19:55:58

食欲の秋、10月は『栄養満点!発酵×ボリュームのっけ弁当』をテーマに5つのとっておきこころレシピをお届けします♪

最終回となる本日は優しい美味しさ詰まった“自家製鮭フレークと発酵卵そぼろ弁当をご紹介します。

 

 

みなさま、こんにちは。こころキッチンプランナーの梅村陽子です。

10月に入り手にする飲み物も温かいものが多くなりました。
朝晩も肌寒くなり秋がやってきたのを感じます。

 

今回はお弁当の定番「そぼろ弁当」をお届けします。

そぼろ弁当といえば、鶏&卵そぼろの組み合わせが定番ですが、今回ご紹介するのは鮭フレーク&卵そぼろのちょっと変わった組み合わせです。

鮭フレークはごはんのお供の定番ですが、実はとっても簡単に作ることが出来ます。今回はこの時期に獲れる秋鮭を使用して味噌で仕上げてみました。

『鮭』には様々な種類がありますが、日本(主に北海道から東北地方)の川で獲れるのは白鮭だけで、秋に獲れる白鮭を『秋鮭』、春から初夏にかけて獲れる若い白鮭を『時知らず』や『時鮭』と呼びます。

鮭は抗酸化作用をもつ、赤い色素のアスタキサンチンを多く含み、美肌面や脂肪燃焼を促進するなどのダイエットサポート効果などが期待されます。

彩りも豊かで日々の食卓やお弁当にぜひ取り入れたい食材ですね!

 

では、レシピのご紹介です。

 

【季節のこころレシピvol.112】自家製鮭フレークと発酵卵そぼろ弁当

材料(作りやすい分量)

◆自家製鮭フレーク

生鮭 2切れ
A酒 大さじ3
Aみりん 大さじ1
A塩麹 小さじ2
A甜菜糖 小さじ1
A味噌 小さじ2~3

白ごま 適量

 

卵そぼろ

卵 2個
みりん 大さじ1
甘酒 大さじ1
塩麹 小さじ1/2
豆乳(or牛乳) 大さじ1

 

作り方

◆自家製鮭フレーク

1. 生鮭は皮を剥ぎ取り、骨を取る。

 

2. 鍋に水(分量外)を入れ沸騰させ、1を入れ4~5分茹でる。

 

3. テフロン加工のフライパンに2とAを入れ、ほぐしながら炒める。

 

4. 全体的に火が通ったら、白ごまを入れる。

 

*焼き鮭でも同様に作ることができます。(茹でた方がよりしっとり仕上がります)
*塩鮭を使う場合は、塩麹、味噌の量を調整してください。
*砂糖の代わりに甘酒などでも美味しく出来ます。

 

卵そぼろ

1. ボールに材料をすべて入れ、よく混ぜ合わせる。

2. テフロン加工のフライパン1をに流し入れ、弱火にかけ菜箸でよく混ぜる。

 

3. 弱火でゆっくり加熱し、卵が細かくなり9割ほど火が通ったら火を止め、余熱で完全に火を通す。

 

*豆乳(牛乳)を加えることでふんわりとした仕上がりになります。弱火でゆっくり火を通すことがポイントです。

 

 

メッセージ

 

今は春先に行うことも多い運動会ですが、私の子供の頃は秋に行われていました。

運動会といえばお弁当ですが、我が家では何故か栗ご飯が定番でした。数日前から栗が水に浸され、ひたすら父と母が栗の皮をむく。もちろん栗ご飯は大好きだったのですが、実は母の作るおにぎりが一番印象的に残ってたりします(笑)

凝ったお弁当も良いのですが、普通の何でもないおにぎりが美味しかったなぁ・・そう思えることって実はものすごく幸せなことかもしれないな、と思いました。

(レシピ担当:こころキッチンプランナー 梅村陽子)

 

 

<こころつくれぽお待ちしています♪>

季節のこころレシピを使った皆さんの素敵な料理や食卓の風景をハッシュタグ「#こころつくれぽをつけてInstagramでご投稿ください♪

毎月月末に皆様の投稿をピックアップしてこころキッチンHPでご紹介させていただきます。

 

 

<最新季節のこころレシピ情報はこころキッチンLINE@でお届け中>

これまでのレシピ一覧はこちらよりご覧いただけます。

 

11月からは「心と体をほっと温める具沢山の食べるスープ」をテーマにレシピをお届けします。

それでは明日も美味しく心温まる1日を!

 

 

一覧ページ