【季節のこころレシピvol.116】焼き鮭と根菜の酒粕ごろごろスープ

2018-11-25 19:55:14

本格的な冬に向かって寒さ深まる11月は『心と体がほっと温まる具沢山の食べるスープ』をテーマに5つのとっておきこころレシピをお届けします♪

本日は香ばしい焼き鮭がポイント、“焼き鮭と根菜の酒粕ごろごろスープをご紹介します。

 

 

みなさん、こんにちは!
こころキッチンプランナーの保母花菜です。

風が冷たく、空気がだいぶ乾燥してきましたね。

私の住んでいる群馬ではこの時期から「からっ風」という、冷たーい風が山からビュービュー吹いてくるので、私にとってはつらい季節です(笑)

 

今月のテーマは『心と体がほっと温まる具沢山の食べるスープ』ということなので、私自身、からっ風に負けない体の中からぽかぽかになるスープを考えました!

ポイントは酒粕・根菜・しょうがです。これらの食材には体を温めてくれるという共通点があります。また、代謝を促進してくれることで、免疫力もアップするため風邪予防にも最適です。

酒粕が苦手な方でも飲みやすくなっていると思いますので、ぜひ作ってみてください♪

 

【季節のこころレシピvol.116】焼き鮭と根菜の酒粕ごろごろスープ

材料(2人分)

塩鮭 1切れ
ごぼう 1/4本 (50g)
にんじん 3cm (20g)
れんこん 2cm (50g)
大根 3cm (50g)
こんにゃく 50g
しょうが 1かけ

出汁 3カップ
酒粕 40g
味噌 大さじ2

青ねぎ 適量
ごま油 小さじ2
ゆず七味 お好みで

 

作り方

1. 酒粕は同量の湯(40ml)で浸して柔らかくすりつぶす。

2. 根菜類はすべて乱切りにする。こんにゃくは根菜類と同じ大きさに切り、あく抜きをする。しょうがは千切りにする。塩鮭はグリルで15分程度焼き、一口大に切る。

 

3. 鍋にごま油をひき、根菜類、しょうが、こんにゃくを炒める。

 

3. 鮭と出汁を加え、中火にかけ沸騰させる。

 

4. 1の酒粕を半量入れて、弱火で10分煮る。残りの酒粕、味噌を溶き入れ5〜10分煮る。

5. 椀に盛り、青ねぎを散らし、お好みでゆず七味を振る。

*使用する鮭は塩鮭(辛口)がおすすめです!生鮭よりうま味とコクがあります。
*塩鮭の塩味によって味噌の量は調整してください。
*焼き鮭にすることで魚の臭みや酒粕の独特な風味が和らぎます。

 

 

 

メッセージ

 

寒い季節はやっぱり温かい汁物が欲しくなります。

最近、私は夕ご飯のお味噌汁を多めに作って翌日の朝、残ったお味噌汁に豆乳や酒粕、しょうがのすりおろしなどをちょい足しして飲むのにはまっています(^○^)

朝に汁物を作るのは面倒なので(笑)…でも、朝の温かい一杯はほっとするし、今日も1日がんばろうって思えるので良いですよ\(^O^)/

(レシピ担当:こころキッチンプランナー  保母花菜)

 

 

<Instagram企画を始めました>

季節のこころレシピを使った皆さんの素敵な料理や食卓の風景をハッシュタグ「#こころつくれぽをつけてInstagramでご投稿ください♪

毎月月末に皆様の投稿をピックアップしてこころキッチンHPでご紹介させていただきます。

 

 

<最新季節のこころレシピ情報はこころキッチンLINE@でお届け中>

これまでのレシピ一覧はこちらよりご覧いただけます。

 

早いもので11月も終盤、次回は『心と体がほっと温まる具沢山の食べるスープ』シリーズ最終回です。

それでは明日も美味しく心温まる1日を!

 

 

一覧ページ