【季節のこころレシピvol.122】フライパンで作るほったらかしローストビーフ

2018-12-27 19:55:57

年末に向けて楽しいイベントやパーティーの機会も増える12月は、『ほったらかしホームパーティーレシピ』をテーマに5つのとっておきこころレシピをお届けします♪

最終回となる本日はおうちで本格的な味を楽しむ“フライパンで作るローストビーフをご紹介します。

 

 

みなさま、こんにちは。こころキッチンプランナーの梅村陽子です。

12月も後半になり2018年も残りわずかですね。

何かと慌しい年末ですが、今年はどんな年だったかな?と振り返ったり、来年の目標を立てたりする時間を意識的にとりたいなと思ってます。

 

今月は“ほったらかしホームパーティレシピ”をテーマにレシピをご紹介していますが、今回は「フライパンで作るほったらかしローストビーフ」をお届けします。

食卓にあるだけで華やかになるローストビーフ。

元々は伝統的なイギリス料理のひとつで、かつてイギリスの貴族は日曜日に牛を焼き、その残りで平日の食事をまかなっていたそうです。

イギリスの食文化は非常にシンプルで手間のかからない調理法が特徴ですが、ローストビーフはその特徴を反映したシンプルな料理。様々な味付けのソースやサンドイッチにしたりとアレンジが豊富なのも、元々がシンプルな料理だったからこそなんですね。

では、レシピのご紹介です。

 

【季節のこころレシピvol.122】フライパンで作るほったらかしローストビーフ

材料(作りやすい分量)

牛もも肉塊 300g(厚み4〜5cm)
塩麹 小さじ2
粗挽き黒胡椒 少々

オリーブオイル 適量

A赤ワイン 50ml
A水 50ml
A 醤油麹 大さじ1
Aはちみつ 大さじ1
Aにんにく 1片

 

作り方

1. 牛もも肉は焼く30分前に冷蔵庫から出し、室温に戻し、塩麹・粗挽き黒胡椒を全体にまぶし下味をつける。にんにくはすりおろす。

 

2. フライパンにオリーブオイルを入れ、強火で熱して1を入れる。片面を1分焼いたらひっくり返し、さらに1分焼く。上下の面も焼き色が付くまで焼く。

 

3. 火をごく弱火にし、蓋をして8~10分焼く。

 

4. アルミホイルを二重にし3を包む。さらに布巾などで上から包み30分を目安に余熱で火を通す。

 

5. 3のフライパンにAを入れ、混ぜながら煮詰める。

 

6. 4を薄切りにし5を上からかける。

*焼くのに時間がかかるので、焼く前に必ず冷蔵庫から肉を出し室温に戻してください。
*肉の厚みによって焼き加減が変わりますので調整してください。

 

 

 

メッセージ

 

今年はこころキッチンプランナーとして活動を始め、このLINE@レシピをはじめ、レッスンサポートやレッスン講師、オンラインサロンのオフ会など色んな経験をした年になりました。

今年の初めにはまったく想像もしたなかったことばかりですが、来年もしっかり自分と向き合い、楽しんでいこうと思ってます。

その前に年末年始、食べ過ぎないようにしなきゃ(笑)

(レシピ担当:こころキッチンプランナー 梅村陽子)

 

 

<こころつくれぽお待ちしています♪>

季節のこころレシピを使った皆さんの素敵な料理や食卓の風景をハッシュタグ「#こころつくれぽをつけてInstagramでご投稿ください♪

毎月月末に皆様の投稿をピックアップしてこころキッチンHPでご紹介させていただきます。

 

 

<最新季節のこころレシピ情報はこころキッチンLINE@でお届け中>

これまでのレシピ一覧はこちらよりご覧いただけます。

 

今年も1年、季節のこころレシピをご覧いただき本当にありがとうございました!

このレシピ配信を通して全国の方々と繋がることができ、また私たちスタッフ側も料理の魅力や奥深さをますます深めるきっかけともなりました。

2019年も皆様の毎日に寄り添うレシピを心を込めてお届けしてまいりますので、引き続きお楽しみいただけたら幸いです。

 

それでは今年も残りあとわずか、美味しく心温まる1日をお過ごしください。

 

こころキッチンレシピチーム一同