【季節のこころレシピvol.134】フレッシュ春野菜と楽しむイワシの南蛮漬け

2019-03-17 19:55:37

3月の季節のこころレシピは、4月開講“魚のさばき方レッスン”に先駆けて『海鮮を身近に!春野菜と楽しむ海の幸レシピ』をテーマにお届けします♪

本日はシャキシャキ春野菜をたっぷりいただく“イワシの南蛮漬け”をご紹介します。

 

 

皆さんこんにちは、こころキッチンプランナーの保母花菜です。

寒い冬がようやく終わり、すっかり春めいてきましたね。暖かくなるのはうれしいですが、花粉症の私にはつらい季節です。今年はひどくならないことを願っています!笑

さて、今月は『海鮮を身近に!春野菜と楽しむ海の幸レシピ』をテーマにお届けしています。

 

今回は日本人には馴染み深い「イワシ」を使ったレシピです。

イワシは青魚の代表格。不飽和脂肪酸のDHA・EPAを多く含みます。これらは脳の機能の向上や動脈硬化を予防すると言われています。DHA・EPAは酸化しやすいため抗酸化作用のあるβ-カロテンやビタミンCを含む野菜と組み合わせるのがおすすめです。

そこで今回はβ-カロテン、ビタミンC を含み、今が旬のセロリを合わせて南蛮漬けにしました。

 

【季節のこころレシピvol.134】フレッシュ春野菜と楽しむイワシの南蛮漬け

材料(2人分)

イワシ 3尾
塩 少々
こしょう 少々
新玉ねぎ 1/2コ(100g)
セロリ 1/2本(60g)
にんじん 1/4本(30g)

【南蛮だれ】

酢 大さじ2
醤油 大さじ2
みりん 大さじ1
砂糖 大さじ1/2
だし 1/2カップ
しょうが(千切り) 1かけ
唐辛子(小口切り) 1/2本

片栗粉 適量
揚げ油 適量

 

作り方

1. イワシ全体に塩胡椒をふり、30分程おく。

2.  野菜はすべて長さを揃えて細切りにする。

 

3. 鍋に南蛮だれの材料を入れ、1度煮立たせて冷ます。

 

4. 1に片栗粉をまぶし、多めの油で揚げ焼きする。

 

5. 4と2を南蛮だれに漬け込む。

*長時間漬け込むとより味が馴染みます。

 

 

 

メッセージ

 

今回いわしを使ったレシピだったのですが、私の地元群馬ではなかなか新鮮なイワシが手に入らず、苦労しました。

群馬は海なし県のせいか、スーパーの鮮魚売り場が精肉売り場に比べて小さく、種類も少ない気がします。私はお肉よりもお魚が好きなので東京のスーパーの鮮魚売り場にいくとテンション上がります(笑)

同じスーパーでも地元と地元以外では売り場や商品が微妙に違うんですよね。みなさんも地方に行った際、地方のスーパーにぜひ行ってみてください(*^O^*)

(レシピ担当:こころキッチンプランナー  保母花菜)

 

<こころつくれぽお待ちしています>

季節のこころレシピを使った皆さんの素敵な料理や食卓の風景をハッシュタグ「#こころつくれぽをつけてInstagramでご投稿ください♪

毎月月末に皆様の投稿をピックアップしてこころキッチンHPでご紹介させていただきます。

 

 

<最新季節のこころレシピ情報はこころキッチンLINE@でお届け中>

これまでのレシピ一覧はこちらよりご覧いただけます。

 

明日からいよいよ『一生ものの魚スキルを身につける”魚のさばき方レッスン』も募集スタート、ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。

それでは明日も美味しく心温まる1日を!