夜のひとりごと。変化の途切れ目。

2018-04-26 22:30:47

今まで見ていた景色が突然古く見える時。
新たな一歩を踏み出す時がやってきた。

ずっと心の中で薄々気づいてはいたのだけれど、
その途切れ目はある日ふと突然に訪れる。

 

 

過去の経験、一般常識、世間体・・・
これまでの私を形作ってきたものが、不安や恐れという感情を生み出しているのも感じている。

でもそれ以上に、心の奥底から湧き上がる未来への期待と希望、
それを無視してやり過ごすなんてできない!

そんな素直?でもあり、我儘な私自身がいるのももうとことん承知だ。笑

 

 

 

自分の可能性を試したい。
もっと大きな力で、世界を動かしてみたい。

今まで大切に大切に育ててきたものを手放すのはやっぱり怖いけれど、
でもきっとそれ以上に大きなものが入ってくるという予感。

 

この、言葉にならない確信のようなものを
これからも一生をかけて証明してみせるんだ。

 

 

 

一覧ページ