【ベトナム・ダナン⑤】ガイドブックには載っていない一人旅の楽しみ方

2017-12-30 22:47:06

旅するこころキッチン ベトナム中部ダナン滞在2日目は、トラベロコというサービスを使って海外在住日本人の方に1日街を案内いただきました!

このサービス、以前も台湾とベトナムホーチミンで使ったことがあるのですが、ガイドブックには載っていない生の生活情報を聞くことができたり、お店を案内いただくことができたり。自分の希望に合わせて時間や場所もカスタマイズしてもらえるのでとてもオススメです。もちろん日本語で会話できるのでそういった面でも安心。

 

 

まず最初に訪れたのはダナンのパワースポット、リンウン寺(Chua Linh Ung)。生憎の雨でしたが、大きな観音像様は圧巻でした。

ベトナムらしい鮮やかな色使いと、中華圏の文字や紋章が混じり合ったお寺。文化が混合する土地であることを実感します。そしてこうして様々な国に遠い昔から根付く仏教。その成り立ちや歴史背景を、もっともっと奥深く知っていきたいと改めて思います。

 

 

続いてはお昼ご飯、麺やごはん、おかずまで様々なベトナム料理が食べられるMadam Lanというレストランを紹介していただきました。

前日に食べたダナン名物麺のミークアン、このお店ではパリパリの薄焼き煎餅も入っていてまた一味違う感じ!

 

 

こちらは生春巻き、そしてお粥。色々な料理を少しずつシェアできるのが嬉しい。

 

 

こちらが今回ダナンをご案内いただいたNさん(日本人)とネコさん(ベトナム人・ネコは愛称)です。

Nさんは60代の男性なのですが、会社を長年経営されていて(今は会長職とのこと)実はすごい方でした・・・!

ダナンは食も美味しくとても住みやすいというお話から、会社経営について、人生観について、そして健康の大切さや発酵食品について。そんな深いお話までお聞きすることができ、もうそれだけでもダナンに来て良かったと思うくらい。

こうして日本から遠く離れた場所でも、私はいつも人との出会いに恵まれる。本当に本当にありがたいことです。

 

 

お昼ご飯の後は、Nさんの奥様オススメのOLIVE SPAで至福のマッサージの時間・・・なんと60分で約2000円。ベトナム旅行に来たら、毎日マッサージを受けないと絶対に損!

OLIVE SPA、施設も綺麗で日本語も通じます。ダナンを訪れた際は皆様も是非。

 

 

またこちらが私の本日の一押し、ベトナムスイーツ”チェー”のお店 チェー・クン・ディン・フエ。地元の若者にも大人気のお店みたい。

”チェー”とはベトナムぜんざいのこと。お店によって形式は様々のようですが、豆やイモ、タピオカや寒天などの具材を甘いココナッツミルクでいただきます。クラッシュアイスを入れたかき氷タイプと温かいぜんざいタイプを選べるとのこと。とっても健康的、そしてヘルシー!

 

 

私は全部入りミックスのチェーを選んでみました。自然の甘さが本当に本当に美味しかった!

日本でもこの味を食べることができるのかしら・・・帰ってからもレシピを色々と検索しています。ぜひ今度手作りにもチャレンジしてみようと思います。

 

 

夕飯には精進料理のお店にもご案内いただきました。

実は精進料理やベジタリアンのお店も多いというベトナム。味付けもしっかりしていて、全くベジ料理と感じさせない美味しさでした。

 

 

最後はNさんにダナンから車で約40~50分程のホイアンにも送っていただき、大充実の1日となりました。本当にありがとうございました!

ガイドブックでは決して得られない情報と出会いが詰まった旅。これからも病みつきになりそうです。

 

次回からは世界遺産にも登録されている街ホイアンのレポート、引き続きお届けしていきたいと思います。

 

一覧ページ