「まだまだ食べられるもの」たちを救いたい! #食べ物を棄てない日本計画

2018-03-15 23:09:39

恵方巻き大量廃棄が問題になるなど、世界一、食品を棄てているという日本。

しかしその裏側には、世界一食品基準が高いが故に、本当はまだ食べられるものであっても”価値ゼロ”というレッテルを貼られてしまっているという様々な業界の実情があるそう。

 

 

そんな「フードロス問題」を見直すべくブラウンシュガーファーストの荻野みどりさんが立ち上げられた

#食べ物を棄てない日本計画 Food ReValuationプロジェクト

今、テレビや雑誌でも大変注目されており、これからフードロスを再定義するプラットフォームを作るべく、現在クラウドファンディングにも挑戦されています!

 

 

そして・・・実は私もこのプロジェクト、昨日(!)Facebookで知ったばかり!なのですが、

以前からフードロスに対して持っていた懸念と疑問を抱いていたこと(売れ残った野菜、お弁当、バレンタインのチョコ・・・一体これらはどうなってしまうのだろうか。今回、改めてそんな頭の片隅にあった思いが顕在化された感覚です)、またとある企業の方ともちょうどフードロスに関してお話したばかりだったこともあり、

これはもう絶対に取り組むべき社会課題だわ!!という直感。

早速本日このプロジェクトを運営する熱い思いをもった 金子さんにお会いしてきました。(思い立ったら即メッセージ&行動)

 

 

そして色々とお話させていただく中で、これからこころキッチンでもぜひ料理教室ならではの視点から美味しく、楽しく(←こことっても大事) #食べ物を棄てない日本計画 に携われたらと思っています!

 

一人では難しいことも、
皆で手をとれば点と点が繋がり、
それが線となり、そして面となっていく。

社会を変える大きな力が生まれていくはずです。

 

改めて、「食べる」ことを見直してみよう。

皆様もぜひシェア&応援、ご協力よろしくお願い致します!

(まずはぜひサイトをじっくり読んでみてくださいね。それだけでもきっとたくさんの学びがあるはずです。)

 

◆過剰な食品基準により廃棄される 「まだまだ食べられるもの」たちを救いたい!クラウドファンディング

◆#食べ物を棄てない日本計画 Food ReValuationプロジェクト

 

 

 

一覧ページ