【プランナーコラム⑤】超・簡単おうちごはんライフを楽しんでいます。これ「だけ」で、心を満たす立派なおうちごはん!

2018-03-16 11:32:00

毎週金曜日は個性溢れるこころキッチンプランナーメンバーによるコラムをお届けします。

3月のコラムテーマは<こころキッチンプランナーのおうちごはん> ぜひお楽しみください!

 

こんにちは。こころキッチンプランナー小花みさです。

今月のテーマは『こころキッチンプランナーのおうちごはん』でお届けしています。

“おうちごはん”のコツや楽しさをお伝えしているこころキッチン。

そのプランナーたちはふだんおうちで何を食べているのか?
気になりますよね^^!?(気にして頂けていたらうれしいです!)

 

わたし小花みさはというと…
自慢じゃないけれど、きっと皆様がびっくりするほど超・簡単おうちごはんライフを楽しんでおります。

それでは早速その一部をご覧ください。

 

その1. スープ「だけ」
『豚バラブロックと塩麹のポトフ』

 

その2. こどんぶり「だけ」
『トマト麻婆風丼』

 

その3. 果てはこちら
『卵黄の醤油漬けほっかほかごはんのせ』

(…と言いつつ大好きなお味噌汁だけはつけることが多いかもしれないです。)

 

潔すぎて驚いたでしょうか?

しかし、これ「だけ」なのに、
今日の失敗・疲れたこと・明日への不安
全部のみこんでくれるような頼もしさ、やさしさが、
おうちごはんにはあります。

そしてそんなおうちごはんに満たされて、すっかりごきげん。

またクリアな気持ちで明日をはじめられます。

 

わたしは毎日帰宅時間が遅めなので、そんなに多くの時間をお料理にかけていません。
読者の皆様の中にも同じ境遇の方がいらっしゃると思います。

そして中には

「◯品作らなくちゃいけない」
「◯◯がないからできない」

こんな風に自分で制約をつくってしまって
お料理がしんどくなっている方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし見て下さい!

 

 

これ「だけ」で、
毎日至福を感じてる人間がここにいます。(←私)

これ「だけ」で、心を満たす立派なおうちごはんなのです。

是非、制約をつくらず、
自由に楽しんでみてください。

 

そう、決まりはないのですが、
私自身はこんなことにこだわっています。

 

  • 本物の調味料
  • 良質な油
  • お出汁
  • 発酵食
  • 旬のお野菜

 

こころキッチンでもお伝えしていることです。

これらは意識せずとも、ふんだんに取り入れています。

こだわっているというよりも
その方が体が心地よいし、美味しいからです。

こうしたきちんとした食材を使うことで
ちょっと失敗しても素材の味がカバーしてくれるのもメリットです。

 

あとはその日の体調・余力・気分に合わせて食べたいものをつくります。

ちなみに今日のおうちごはんはこちら。

 

 

  • 炊き込みご飯
  • 具だくさんけんちん汁
  • なすとアボカドのヨーグルトのサラダ(つくりおき)
  • とろろ
  • 枝豆豆腐 醤油麹

寒かったので、あっついけんちん汁が食べたかった!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

それでは次回をお楽しみに。

 

 

【本日のコラム担当】

こころキッチンプランナー 小花みさ

Blog:https://ameblo.jp/osalusalu
Instagram: https://www.instagram.com/ohanahana_misa/

 

 

平日はワインインポーターの営業、幼い頃からの生粋の食いしん坊です。

食で苦しくなること、反対に食で毎日が輝くこと、どちらも経験してきました。

ジャンクの楽しさも味わい尽くしてきました。たまのファストフード・スナック菓子の特別感、友達や家族と笑いながらつつく時間はかけがえのない思い出です。

しかし、本物の調味料、お出汁をきちんとひくこと、土鍋でくつくつと炊いたごはん…ひとつひとつ噛み締めていると大切なことは内側にあると気づきます。

『食と心と体はつながっている』

私にはとても神秘的で、このことは探求すればするほどエキサイティングでした。

丁寧なごはんを食べていると自分が大切にされている気持ちになります。体を動かしてみたくなります。体という存在が愛しくなります。思考がクリアになります。思考する脳を持てたことに幸せを感じます。「わたしってどうしたかったんだっけ?」に気づきます。

わたしたちの生活と切っても切り離せない”食”がそのきっかけになるよ!って伝えたくてプランナーをしています。

2017ファスティングマイスター取得。
こころキッチンインストラクターコース修了。

 

 

一覧ページ