【タイ・チェンマイ①】暮らすように旅しよう。ほっこり癒しのチェンマイ旅の始まり

2019-02-03 22:19:37

毎月世界を #旅するこころキッチン、先日から5日間タイの古都チェンマイに行ってまいりました。

ゆったりのんびりなんだか眠くなる?街の空気。自然と伝統と都会が混じり合っているタイ第2の都市です。

 

 

こちらはターペー門。旧市街の入り口ともなる門です。(旧市街は四方がお堀と城壁で囲まれています)

 

 

街を歩いているとラーンナー文化の建築である寺院があちらこちらに。鮮やかな色合いとデザインに目を魅かれます。

 

 

ワローロット市場周辺では食べ物だけではなく、雑貨、洋服、宝石、化粧品・・・様々なお店が並んでいました。

 

 

ピン川を歩いてリバーサイド地域へ。空は快晴!半袖で少し暑いくらいの過ごしやすい昼下がり。

 

 

ガイドブックでオススメされていたWoo Cafe -Art Gallery- LifeStyle Shopに寄ってみました。

ビビッドな色合いの花やグリーン、インテリアが溢れ、とても気持ちのいい空間。写真を撮るためだけに立ち寄りたくなるようなフォトジェニックなカフェ。写真の女の子たちがなんともキュート。

 

 

お昼ご飯はKhao Soi Pa Paiでカオソーイ・ビーフを。観光客はほぼいないようなローカルな老舗のお店なのですが、8時間も煮込まれているというスープがもう本当に美味しかった!感動。。。涙

チェンマイ滞在中に食べたカオソーイの中で間違いなくNo.1でした。

 

 

トゥクトゥクタクシーでニマーンヘンミン周辺へ。

 

 

One Nimman はレストランやフードコートが並ぶ最新商業施設。チェンマイの最新文化やライフスタイルを体感したいならここがオススメ。

 

 

2時間のタイマッサージで癒された後は・・・

 

 

世界大会のラテアート部門で優勝したバリスタさんがいる、Ristr8to Rabのカフェラテで一息。

チェンマイにはこんなお洒落なカフェがたくさん。世界中からコーヒー好きのお客さんが集まってくるそうですよ。

 

 

チェンマイ滞在1日目は、こんなゆったりとした過ごし方。

 

あまり予定は詰め込まない。

気ままに歩いて、感性に触れたシーンをカメラに収めて、
五感でこの土地の空気を感じとって。

 

暮らすように旅しよう。

旅は私の生活の一部。

 

 

一覧ページ