直感に従って生きる決意。古い時代の終わりと新しい時代の始まり。

2019-04-10 15:12:36

こんにちは、引き続き静岡の実家におりますこころキッチン代表さかみです。

今日はびっくりするほどの寒さ、そして雨の1日ですね。

 

今日は最近思うこと徒然。

 

私はこれまで論理的思考、いわゆる男性脳が強いと自分自身思って生きてきたのですが、

でも実は思いっきり直感=女性脳で動いていて。その直感を男性脳で現実化・論理化しているのではないか?

そんな風に最近は思い始めるようになりました。

(何度か人にそう言われたこともあります)

 

 

その時の自分の中の”直感”というものは言葉では言い表しがたいのですが、

毎回同じ心の動き方、ぐわっと心が弾む感覚があって

 

それに従って動くと絶対にうまくいく。

そして絶対に後悔しない。

 

そんな根拠のない自信と実際の経験に基づく結果が今、自分の中に積み重ねられています。

(反対にそう感じないものもすぐにわかります。胸の奥がどーんと重くなって全然気持ちが前に動かない感じ。)

そしてこれからもずっと、自分の人生をかけて、自分の”直感”や”心”の声を元にした検証を続けていきたいと思っています。

 

 

またこの前の牡羊座の新月の日にふと目にしたこちらのサイトに、今の自分の状況にあまりにもシンクロしている言葉が書かれていて。

 

  • 今回の新月はいよいよ、合わないものは合わない!違和感があるものは違和感がある!と、我慢の限界を感じ、慣れた環境や居場所から飛び出して自分の生き方を見つめ直すようなタイミングです。
  • 正しさに従うこと、成功や結果を得ること、社会のリングで戦い勝利することの無意味さに気づき、自らを満たす生きかたを選択する必要があります。
  • 自らの幸せや調和的な循環の大切さのために、牡羊座的な「自らの意志に従う」という強さをもって行動する新月です。

 

“古い時代の終わりと新しい時代の始まり”

4月に入って一気に大きな時代の変化(新年号が決まったこともそう)と自身の変化を感じており、その中の1つが今回の実家への帰省。

 

 

実は今まで私の中で実家に帰ることの優先度はかなり低めだったのですが、そして帰っても2日いれば十分!だったのですが

今回はなぜか直感的に自分から”帰りたい”と思ったのですよね。

 

さらに私は昔から親に対して、”絶対に頼らないぞ”という反発の気持ちを持ち続けていた部分があるのですが

(その理由については長くなるので割愛しますが、とにかく昔から連絡不精で、帰省不精)

 

ここまで守られてずっときてた

無償の愛に包まれてきた

小さい頃から手作りのごはんが食卓にどんな時もあった

 

父と母が小さい頃から自分に対して注いでくれた時間にただただ感謝と尊敬の想いが溢れ出してくる。

この数日でそんな不思議なパラダイムシフト(意識の転換)と感情を味わっています。

 

自分の内側が変わると外側の世界は一気に変わる。

 

本当に・・・この春、怖いくらいに自分の中で色々な革命が起き続けているのです。

 

 

そして・・・このブログを書こうと思ったり、こういった変化を感じているのは間違いなく。

この3月末、自分の”直感”に従って大きな大きな決断をしたことによるもの。

 

この決断についてはきっとびっくりされる方も多いと思うのですが、今、私には一切の迷いがなく。

とてもクリアな気持ちと未来への希望に満ち溢れています。

 

詳しくは今週末にSNSやブログで皆様へご報告させていただきたいと思いますので、もうしばらくお待ちくださいね。

(今、一つずつ言語化をしているところです。)

 

 

“古い時代の終わりと新しい時代の始まり”

さあ、これから始まる新しい時代をどんな風に創っていこうか。

 

この記事を読んでくださった皆様にとっても、何か少しでも考えるヒントになれば幸いです。

本日もお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

一覧ページ