起業して一番よかったこと。常に”選べる”自分でありたい

2019-04-08 13:35:26

こんにちは、引き続き静岡の実家におりますこころキッチン代表さかみです。(>昨日の旅するこころキッチンin 静岡お茶まつりの様子はこちら)

静岡の桜は今が満開のピーク。少しずつ葉桜も見え始め、本当に桜の時期はあっという間。でもこの儚さが世界中・日本中の人々の心をここまで動かすのでしょうね。

 

 

そして最初からわかっていたことではあるのですが、案の定実家にいると・・・1mmも集中できない!!!笑

こたつの魔力。テレビの魔力。
そして静岡のゆったりな時間の流れに脳がゆるゆる緩みまくる。。。

 

もし静岡に住み続けていたら、
全く違う思考をもって日々を過ごしていたのだろうし、
全く違う人生を歩んでいたのだろうな。

想像さえもつかないけれど、それだけはきっと間違いない。

 

 

東京がいい。静岡が悪い。
起業した方がいい。会社員のままは良くない。

私はそういうことを言うつもりは全くありませんし、幸せの形は人それぞれ。どれも正解なのだと思います。

 

でも一つ思うことは「常に“選べる”自分でありたい」ということ。

 

目の前の現状に文句を言い続けていても何も変わらない。
お金がない、時間がない、自信がないからと自ら選択肢を狭めてしまうことは絶対したくない。

 

住む場所も働き方も生き方も付き合う人も、常に自分自身で選択し続けていきたい。

どんな時も“選べる”自分でありたい。

 

そのために学ぶ。行動する。人と繋がる。

自分のために投資した時間やお金は、必ず後から返ってくるから。

 

 

会社員を卒業してまもなく3年。

起業して一番よかったことは、こうして俯瞰して世界を見られるようになったこと。
自分自身で人生を創る実感とその手段を得られるようになったこと。

そしてこれからも、自分自身の選択肢や可能性の幅を広げ続けていきたいと思っています。

 

そして・・・やはり“私はこんな人生を生きる!”と未来のビジョンを定めたならば、思い切ってガラッと環境を変える、付き合う人を変えることは必須だと思います。

それくらい、良くも悪くも周りの環境は自分に作用しますからね。

(というわけで、今日の午後は家から地元のカフェに避難中!笑)

 

 

新元号「令和」の発表もあり、新たな時代の訪れを感じる4月。

ドキドキワクワク期待の気持ちやちょっぴり不安な気持ち・・・様々な感情が溢れる季節。周りでは少し体調を崩されている方も多いようですが、でもどんな感情にも意味がある。

ネガティブな感情さえも、自分が今もつ価値観に気づくヒント。

そしてその感情にどんなラベルをつけるか、それもまた自分次第なのだと思います。

 

 

あなたはどんな感情を、どんな毎日を選びますか?

どんな生き方を選びますか?

 

少しでも響く部分があれば嬉しいです。

 

それでは今週も美味しく楽しく笑顔で過ごしていきましょう!

 

 

一覧ページ