【シンガポール2019-5月②】私のanother skyはここだ。シンガポールの食文化&街づくりにいつだって感動!

2019-05-29 07:02:29

毎月世界を#旅するこころキッチン、ビザや銀行口座手続きが終わった後の2日間はシンガポール観光を楽しむことができました。

これまでのシンガポール滞在は何気に毎回ハードスケジュール?でしたので(レッスン開催や人と会う予定など)笑、今回は本当にゆったり、思う存分シンガポールを堪能です!

 

まず最初に行ったのはHPがとっても可愛いCookery Magicという料理教室。

教えてくださるのはなんと18年もこの仕事を続けているというRuqxana先生。

(ほぼ毎日レッスンが入っていて本当にすごい・・・!私も日本で料理教室をしているんです、レッスンはほぼ週末のみですと伝えたら、あなた平日は何をしているの?と驚かれました。笑)

 

 

さすがシンガポール、調理場所は屋外に。

とても気持ちの良い空間でこちらのマレー料理3品教えていただきました。

・Kari Ayam Kelapa (Chicken curry with Toasted Coconut
・Sambal Goreng Sotong (Squid Sambal)
・Sayur Udang Bayam (Prawn and spinach stew

 

 

カレーペーストの材料を切って炒めて・・・のところから全てやったので、かなーり汗だくになってしまったのですが笑。

でもこんなスパイスやハーブの組み合わせでこの複雑な味ができるんだ、ということを知るのは本当に面白いです。

 

中華系、インド系、マレー系と多様な文化が混ざり合うシンガポール。

そのほとんどがオリジナルのレシピにアレンジを加えたシンガポールならではの進化を遂げた味わいになっているそう。

これからシンガポール、そしてアジアの食文化や料理について一つずつ知っていくのが今からとても楽しみです!

 

 

汗だくになった甲斐あって笑、出来上がったお料理たちはどれも深みとコクがあり本当に本当に美味しかった!

Ruqxana先生、ご一緒した皆様、楽しい時間をありがとうございました。

 

 

この日の後半は日本でいう銀座、オーチャード通りをのんびり散策したり

(高島屋の中に紀伊国屋書店を発見!日本より一回り値段は高いけれど、でも海外で本が手に入るという嬉しさといったら。)

 

そしてマリーナベイサンズの下でビールを飲みながら、ぼんやり夕日を眺めたり。

 

 

金融都市シンガポールを一望できるこの場所は、間違いなく私のanother sky。

 

昨年11月にシンガポールに絶対来る、と決めた場所。

今年3月にこころキッチンを卒業する、と決めた場所。

そして今回、新たな未来への確信を感じた場所。

 

シンガポールへお越しの際は、ぜひ皆様にもご案内させてくださいね。

 

 

夜はシンガポールの観光名所、巨大な植物園ガーデンバイザベイ(Gardens by the Bay)へ。

チャンギ空港といい、マリーナベイサンズといい・・・小さな国ながらも洗練された、そして広大なシンガポールの建築・街づくりにはいつだって感動してしまう。

すっきりとオープンに開かれた空気感が本当に気持ちいい。

 

 

スーパーツリーと呼ばれるこの近代的なツリーが並んだ場所で、地面に寝転びながらガーデン・ラプソディという音と光のスカイショーを楽しみました。

なんだかもう、夢の世界みたい!

 

 

何度来ても魅了されてしまうシンガポール。

次の記事でも引き続き観光レポートをお届けしていきたいと思います。

 

 

旅するこころキッチン inシンガポール2019-5月 レポート

①5回めのシンガポール、未来への確信。半年間で急展開した私の人生

②私のanother skyはここだ。シンガポールの食文化&街づくりにいつだって感動!

③シンガポール観光、チョンバルマーケットとマーライオンとぼろ泣き酔っ払いフライトの巻

 

一覧ページ