【シンガポール2019-3月①】和食&発酵ワークショップinシンガポールを開催しました!

2019-03-27 17:10:17

こんばんは、こころキッチン代表さかみです。

毎月世界を#旅するこころキッチン、 今月は生徒さんたちと一緒にシンガポールへワークショップ開催ツアーにやってきました!

 

 

今回はRaffles PlaceにあるHealthy Soba IKIさん全面ご協力の元、

『Enjoy Japanese Food Culture! Washoku &Fermentation Workshop』

*味噌玉作り
*おにぎり作り
*蕎麦7種と日本酒3種のペアリング体験
*甘酒スイーツ
*こころだし、長野県本藤 浩史さんのお味噌、山形県板垣弘志さんのお米販売

と日本の発酵食品を楽しめる盛りだくさんな内容を企画いたしました。

 

 

2日間で約20名の方がご参加、日本人とシンガポール人の方ちょうど半分くらい。

シンガポールの方々も皆さん日本の食や文化が大好きで”発酵”にも興味津々、私たちの拙い英語にも一生懸命耳を傾けてくださり、とてもフレンドリーで温かい方たちばかりでした。

そしてなんとIKIさんからは7種類もの蕎麦をご提供いただき、かなーりお腹もいっぱい!

利き酒師みわさんが日本から持ってきてくれた日本酒を飲みながら、参加者の皆さん同士でも会話が弾み、大変楽しいひと時となりました。

 

 

ちなみに・・・海外でワークショップを開催するってすごいことのように聞こえるかもしれないけれど、実は日本で料理レッスンを開催するのと全く変わらない、というのが私の実感!

もちろん言語の対応や場所探し、そしてお客様を集めるための調整などは必要になりますが、

世界中どこに行っても”美味しい!”は共通言語。

食を通じて一瞬で心繋がるこの時間が、ただただ楽しくてたまらないのです♪

 

 

この2日間を通じて改めて感じたことは、日本食は日本人が思う以上に海外の方から見ると大きな魅力であり、

安心やヘルシーなイメージも持ち合わせた大きなブランドであるということ。

世界中には数え切れないほどの国々があるのに・・・日本の食がこれだけ注目されるって本当にすごいことですよね。

 

この数年で健康意識がますます高まっているというシンガポール。

「これから日本の発酵食品、味噌や甘酒や醤油やお酒はきっともっとシンガポールでも注目されていくと思います!」

そんなリアルな声もいただくことができ、

 

日本のスーパーフード、”発酵食品”は絶対に世界へもっと広がる!

日本の食を支える発酵食品をぜひ海外の方にももっと知ってもらいたいし、身近に取り入れてもらいたい!

 

そんな今後の大きな可能性も感じられたことも今回の旅の大きな収穫です。

 

 

今回の開催にあたり、全面協力いただいたHealthy Soba IKIオーナー野口さん。

お越し下さった皆様。

そして日本から一緒に来てくれたこころキッチン&フードワークデザインラボメンバーの皆。

2日間本当に本当にありがとうございます!

 

 

Thank you for your all cooperation and see you again.

またこれからも食を通じて心繋がっていきましょう!

 

 

 

 

一覧ページ