【プランナーコラム④】おうちのごはんは最高だなと感じたひと時

2018-03-09 14:36:22

毎週金曜日はこころキッチンプランナーによるコラムをお届けします。

3月のコラムテーマは<こころキッチンプランナーのおうちごはん> ぜひお楽しみください!

 

こんばんは、こころキッチンプランナー池舞子です。

毎回コラムテーマをプランナーのみんなで話し合ってテーマを決めていくのですが、今回のテーマは『こころキッチンプランナーのおうちごはん』でお届けします。

 

 

普段から大切にしていることがあります。

それが『自分の五感』

わたしは時間が出来ると色々な風景や、空気を自分の肌で感じるのが大好きなので、様々に場所に出掛け、そこで出会うひとや、食、土地を大切にしています。

 

先日おしゃれな街でブラブラしていたら『一人しゃぶしゃぶ』の看板。

おしゃれな外観、店内を覗くとおしゃれな女性のお客さん、そしてイケメンの店員さん。

 

間違いない!

五感をフル活用にし、いざ、店内へ。

メニューから伝わるお店自慢のお肉やお野菜。
インスタも映えるクオリティ。

 

…ただ時間が経つにつれてどんどん寂しい。なんだか泣けてくる…。

ひとりごはんって、こんなに味気なかった?

 

毎日の食事を作るのって確かにめんどくさいなーと感じることもありますが、身体に良い食材、インスタ映えするような見た目ばかりが重要ではなくて、その時間を共有したり、味わうことがとても幸せなんだな。と、痛感しました。

 

 

帰り道、買い慣れた近所の商店街で買い込んだ食材で、得意のハンバーグを作りました!

作ることの楽しさ、美味しいと喜んでほしくて作る一品。面倒だなと想うひと手間も、昼間の涙を笑い話に代えておうちのごはんは最高だなとつくづく感じるひとときでした。

 

 

【本日のコラム担当】

こころキッチンプランナー 池舞子

Instagram: https://www.instagram.com/cocoroim/

 

小さい頃から容姿にコンプレックスが、あり、可愛くない、キレイじゃないと愛されない、好かれない。自分の存在価値を否定し、自己否定の毎日を繰り返す。

周りの同世代の女性たちが結婚や出産という新しいステージを迎えていくことで、ひとり虚無感に襲われる。

そんななかで自分を変えたい!と強く感じ、一念発起。昔から興味のあった料理の勉強をしようと決意。こころキッチンに出会う。

食事の大切さ、楽しさ、何より見かけの友達じゃなく、年齢・職種様々だけど仲間ができる喜び♪少しずつ本音を言える環境、受け入れてくれる場所があることで、少しずつ自分を知り認められるようになる。

介護福祉士12年以上
訪問してきたお客様400人以上

丁寧な暮らし、シンプルなごはんで自分も大切な人も幸せにするレシピ発信しています。

『わたし』も『大切なひと』も幸せにする!野菜の切り方レッスンを開催中。

 

 

一覧ページ