【プランナーコラム14】思うがままに字を書いてみる。こころキッチンプランナーの雨の日の過ごし方

2018-06-15 08:27:05

毎週金曜日は個性溢れるこころキッチンプランナーメンバーによるコラムをお届けします。

今月のコラムテーマは<こころキッチンプランナーの雨の日の過ごし方> 梅雨の合間のひと時に、ぜひお楽しみください。

 

 

今回のテーマは【こころキッチンプランナーの雨の過ごし方】

 

 

起き抜けに隣の家の屋根を雨の音が蔦ってトントン‥と、不規則にリズムを打っているのがまた2度目の眠りに誘われる‥

と、このままおやすみしたい気分にもなりますが、私の雨の日の過ごし方は【字を書く】

 

 

思うがままに文字を書く。

 

芸能人、名前、土地、花、流行語、会社名、駅‥何でもいい。

チラシの裏、半紙、封筒‥何でもいい。

ひらがな、漢字、カタカナ、ローマ字‥何でもいい。

 

きれいに書かなくても全然良い。

筆ペン、習字、ボールペン、万年筆‥その瞬間の頭のなかの言葉を書き連ねていく。

 

 

雨の音がBGMになり、薄曇りさが集中力を増してくれる。晴れにはない静けさがすごく好きで、最初は美しく文字を書きたいということから始まったものの、いつしか雨の日に文字を書くことが習慣に。

梅雨に入り、今の楽しみは半紙に筆ペンを使って、安室ちゃんの歌詞を書くのが私の雨の日の過ごし方です。

みなさんもぜひお試しになってみてくださいね♪

 

 

【本日のコラム担当】

こころキッチンプランナー 池舞子

Instagram: https://www.instagram.com/cocoroim/

 

小さい頃から容姿にコンプレックスが、あり、可愛くない、キレイじゃないと愛されない、好かれない。自分の存在価値を否定し、自己否定の毎日を繰り返す。

周りの同世代の女性たちが結婚や出産という新しいステージを迎えていくことで、ひとり虚無感に襲われる。

そんななかで自分を変えたい!と強く感じ、一念発起。昔から興味のあった料理の勉強をしようと決意。こころキッチンに出会う。

食事の大切さ、楽しさ、何より見かけの友達じゃなく、年齢・職種様々だけど仲間ができる喜び♪少しずつ本音を言える環境、受け入れてくれる場所があることで、少しずつ自分を知り認められるようになる。

介護福祉士12年以上
訪問してきたお客様400人以上

丁寧な暮らし、シンプルなごはんで自分も大切な人も幸せにするレシピ発信しています。

『わたし』も『大切なひと』も幸せにする!野菜の切り方レッスンを開催中。

 

 

一覧ページ