【マレーシア①】#旅するこころキッチン クアラルンプールで未来の可能性を創る旅

2018-07-25 23:56:25

こんばんは、さかみです。

本日から旅するこころキッチン、マレーシアの首都クアラルンプールへやってまいりました!

 

 

初めて訪れるマレーシア。

マレー系民族(約67%)、中国系民族(約25%)、インド系民族(約7%)の主に三民族で構成される、人口約3000万人の多民族国家。様々な文化が混じり合うマレー半島とボルネオ島北部にまたがる常夏の国です。

今回やってきた目的は、27日から始まるJAPAN EXPOの見学。そして29日には現地の方向けに和食ワークショップの開催(様々なご縁でトントン拍子に実現!)。主にこの2つ。

5泊7日とかなりゆったりめのスケジュールでこの地を楽しんでいこうと思います!

 

 

初日の本日は、主に移動の1日でした。

成田空港からは約7時間半のフライト。クアラルンプール空港からは、市内のKLセントラル駅へ特急電車のKLIAエクスプレスで移動しました。

 

ちなみにクアラルンプールに着いて最初の感想は・・・・

「東京より涼しい!!!」笑 (いや本当に。)

 

 

途中で立ち寄ったファミマでは、ODENが人気?!かなり人が並んでいました。

その他、日本の商品も普通にずらりと。駅や街中でも日本語の表記をかなりたくさん見かけます。

 

KLモノレールに乗って宿泊先のAirbnbへ。アジア特有のこの熱気、匂いに胸が高鳴る。

 

 

こちらが今回宿泊するお部屋です。

ご覧の通りかなーり広い、そして綺麗でかなり快適。調理器具や洗濯機、アイロンなどもバッチリ揃っています(日本から鍋やケトル、持ってくる必要なかったわ。笑)。

お味噌や海苔、乾燥ワカメなども持参したので自分のペースで料理もできるのが嬉しい。まずは明日の朝食、たっぷりフルーツを食べたいな。

 

 

新たな土地、新たな出会い。ここでしか味わえない空気、エネルギー、そして食。

旅はいつだって、心を震わせてくれる。

 

ああ、やっぱり旅が好きだ。

 

 

日本の食や文化が大変注目されているというマレーシア、今まさに発展途上のこの国でこれから何ができるだろうか。

これからじっくりと未来の可能性を探り、そして形にしていきたいと思います。

 

それではまた明日もクアラルンプールの1日を楽しんでいきたいと思います!

次回ブログレポートもどうぞお楽しみに。

 

※旅の様子はInstagramストーリーズでもリアルタイムでお届けしています♪

 

 

【旅するこころキッチンクアラルンプールinマレーシア レポート】

レポ① #旅するこころキッチン クアラルンプールで未来の可能性を創る旅
レポ② 多種多様な食文化が集結する国。マレー料理の万能調味料「サンバル」を初体験
レポ③ セントラルマーケットとチャイナタウンでクアラルンプールの歴史と文化を感じる
レポ④ 世界中どこへ行っても、私は食に関わるモノ・コト・ヒトを追い求める
レポ⑤ 私だけの色で人生を彩ろう。クアラルンプールで見つけたカラフルストリート
レポ⑥ 海を越えて盛り上がる日本文化!JAPAN EXPO MALAYSIA 2018参加レポート

 

一覧ページ