日本の伝統食文化を世界へ!アジアゴールデンスタアワード2018授賞式レポート

2018-11-22 21:35:59

こんばんは、こころキッチン代表さかみです。

昨日はアジアゴールデンスターアワード2018授章式に参加させていただきました。

 

※この度、アジア18ヶ国を審査しているマレーシア政府公認機関アジア優秀企業家連盟(AEEF)様よりアジアへ日本の食文化を伝える活動含め、日本での実績を評価いただき、アジアゴールデンスターアワード2018 女性企業家賞を受賞いたしました。

(アジアで優れた企業や人、サービスに与えられるこの賞、食分野における日本の企業家としては今回が初の受賞となるそうです。)

>詳しくはこちら
【ご報告】アジアゴールデンスターアワード2018女性企業家賞を受賞しました。

 

会場は、テレビにもよく出ているあの新高輪プリンスホテルの飛天の間!

 

 

国内最大級の授賞式というだけあって、国会議員の片山さつきさんや官公庁の方、マレーシアの大臣の方など、ゲストの方々も大変豪華。

あまりのスケールときらびやかな会場に、参加した母と2人、終始圧倒され続けておりました。笑

 

 

ミスアジアゴールデンスターコンテストの出場者の方々も本当に美しく・・・女性は幾つになっても輝き続けることができる。本当の豊かさ・美しさとは年を重ねるごとに内側から滲み出るものなのだと、そんな学びもたくさん。

 

 

そして授賞式では、緊張ながらも壇上に上がらせていただき、女性企業家賞のトロフィーと賞状を授与いただきました。

改めてこころキッチンの生徒様、応援してくださる皆様、関係者の方々に、このような貴重な機会をいただけましたこと心より感謝申し上げます。

 

 

「日本の伝統食文化を世界へ!」

そう決めた2018年は、アジア8ヶ国(台湾、香港、タイ、ベトナム、カンボジア、マレーシア、シンガポール、スリランカ)へ実際に足を運び、現地の方向けに和食レッスンを開催したり、未来に繋がるご縁を多数いただいたり。

その中で、

  • 各国ごとの食文化の違いや魅力
  • 住んでいる人たちの気質の違い
  • ビジネスへの考え方

といったものも、自分自身の感覚と体験で感じ取ることができました。

 

そして

  • 世界の人が求めているもの
  • こころキッチンだからこそできること
  • 私自身がどうしようもなくワクワクすること

これらが重なる部分の輪郭がようやく少しずつ見えてきた気がします。

 

 

2020年、東京オリンピックまであと少し。

これから2019年にかけて、まずはアジアで日本の発酵、出汁文化を広める機会、新たな仕事の形を作り続けていきます。

そして食を通して夢を叶える女性の力になる!

 

これからがこころキッチングローバル事業の本当のスタート。

今回の賞授賞をパワーに変えて、またこれからも楽しみながら世界へ行ってきます!

 

今後とも引き続きこころキッチンをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

<残席わずか・現在50名のお申し込み>

2019年、一緒に食を通して笑顔の輪を広げていきましょう!
“週末”から始める”食×仕事”の実践コミュニティ 『フードワークデザインラボ』1Dayセミナー
 

一覧ページ