【プランナーコラム27】読書の秋・私の食の世界を広げてくれたとっておきの本3選

2018-10-12 00:26:13

毎週金曜日は個性溢れるこころキッチンプランナーメンバーによるコラムをお届けします。

今月のコラムテーマは<読書の秋・こころキッチンプランナーの食に関するオススメ本3選> ぜひお楽しみください。

 

 

こんにちは。
こころキッチンプランナーの小花みさです。

10月は『読書の秋』ということで、食に関するオススメの本3選をお届けして参ります。

 

小さい頃は、読書は全くしていませんでしたが、今では実用書からエッセイまで様々なジャンルを楽しむようになり、待ち合わせの前やお仕事帰りに、ちょっと時間があるとついつい本屋さんに吸い込まれてしまいます。

本はその場にいながらにして、自分の狭い世界をぶち壊してくれ、広い世界に引きずり出してくれるいわば脳内ショートトリップ。

今回は私の食の世界を広げてくれた、とっておきの3冊をご紹介させて頂きます。

 

 

 

1. 『運を呼び込む神様ごはん』開運料理人ちこ

私が食の活動を志した時、それはお料理上手になろうでも、健康になろうでもなく、食を通して自分を見つめること・世界を見つけること、でした。

そんな時に出会ったのがこの『神様ごはん』
赤と白の神社のようなデザインに惹かれ、手に取りました。

 

 

台所には神様がいらっしゃるのだそうです。

目次を開いてみると、

「立てる音を“音楽”にしてみる」
「朝起きたら、太陽の光を食べてみる」
「料理を瞑想だと思ってみる」

気になるトピックが並びます。

本の中ではちこさんおすすめの調味料や油、『いのちのごはん』と呼ぶ、美味しい土鍋ごはんの炊き方も紹介され、目に見えないエネルギーや氣になぞらえた独自の解釈つきで、読んでいるだけでわくわくします。

 

 

「おなかがふくれた」「味がおいしい」とはちょっと違う、心の底から満たされるごはん。

お料理やお食事にまつわるひとつひとつ・台所で過ごす時間をより愛おしく、より幸せなものにしてくれる1冊です。

 

『運を呼び込む神様ごはん』開運料理人ちこ

 

2.  『不思議と幸せを呼び込むスピリチュアルごはん』タド・ジュンコ

食事を変えると、体はもちろんのこと、自然と心のあり方も変わってくる。

そう確信した私は、食と目に見えない世界の関わりをもっと突き詰めてみたくなりました。

この『スピリチュアルごはん』では、目に見えないエネルギーにも注目した体と心に良いお食事法を提唱しています。東洋医学・アーユルヴェーダ・ナチュラルハイジーンなどが基礎となっています。

 

 

タドさんのお料理教室は

『潜在能力の開花する食卓』
『宇宙エネルギーと繋がる食卓』
『億万長者の食卓』など

不思議なレッスンが並びます。

実際、生徒さんたちからは「身体が軽くなる」「癒される」「感受性が上がった」「金運が上がった」「赤ちゃんができた」と良い報告の数々。

「体が喜んで自然と涙が出てしまう」と評判のタドさんのお料理は一度食べてみたいものです!

 

 

レシピも多めで、実践的なのもおすすめポイントです。

白砂糖や、添加物、農薬づけのお野菜は避けるべしとした上で、その場の調和が何より大事とする考え方も好きです。

 

『不思議と幸せを呼び込むスピリチュアルごはん』タド・ジュンコ

 

 

3.『里山のレシピ―益子・スターネットの台所暦』星恵美子

食には生き方が出ます。

レシピ本よりも、食を通して人の生き方や世界観を垣間見られる半ばエッセイめいた本が好きです。

 

『里山レシピ』もそんな1冊。

著者の星さんは、栃木県益子市は里山、自然と人の隣り合う風景の中にたたずむ食堂「スターネットキッチン」を営んでいます。

星さんのお料理は、毎朝、益子で採れる無農薬野菜を使い、素材の命を生かしたシンプルなものばかり。それだけで完璧な素材に手を加えすぎる“お料理”はしたくないのだと言います。

 

 

本の中では、季節や自然の恩恵を頂けるレシピが月ごとに紹介されており、ページをパラパラとめくるだけでさながら里山の1年間を早巻きで見せられたような気分に。

五月には早朝に採取したてのわらびや筍を、木灰やぬかで丁寧に灰汁抜きし、炊き合わせて、ほろ苦い山椒味噌とともに。

八月には、新鮮なバジルの葉とじゃこを炊き立ての玄米ごはんに混ぜ込み、ごま油で風味をつけた『バジルご飯』

いちじく煮、焼きあけび、きのこまんじゅうなど山ならではのレシピやお雑煮や煮豆といった暦を感じさせるレシピまで。

 

質素だけれどひとつひとつが満ちている。余計なものがそぎ落とされているからこそ際立つ本質的な豊かさや幸せ。

そんな星さんのミニマリスティックな世界観にどっぷり浸れる1冊です。

 

『里山のレシピ―益子・スターネットの台所暦』星恵美子

 

 

さて、今回は私のとっておきの3冊をご紹介させて頂きました。

普段は家事に、お仕事にと忙しい皆様も、是非この機会にゆっくり本を読んでみてはいかがでしょうか。

 

※画像は各リンクより引用しています

 

 

本日のコラム担当

こころキッチンプランナー 小花みさ

Instagram: https://www.instagram.com/ohanahana_misa/

 

 

めくるめく美食、ジャンクの楽しさ、素朴な一汁一菜、色んな面から食を愛する探求家。

一方、食が荒れると心も荒れる、心が整うとおのずと食も整う経験から、丁寧なお食事=自分を大切にすることと実感。

『食と心と体は繋がっている』

人生は食からも変えていけることを伝えたくてこころキッチンプランナーとして活動しています。

 

 

一覧ページ