【番外編その1】出会って2ヶ月。超スピードで進みました、両親への挨拶ツアー

2019-07-17 12:57:12

半年間で“海外移住&理想の結婚”を叶えた私のこころキッチンアフターストーリー、番外編ではお付き合い開始後のエピソードや海外移住の準備についてお届けしていきたいと思います!

今回は互いの両親への報告と挨拶について、です。

 

親へ報告、最初の反応は

マレーシアに結婚を前提に一緒に住もう、2人でそう決めてまず考えたことが「親にちゃんと報告しないとね」ということでした。

特に私はシンガポールへ行くつもりで親にもずっと話をしていたため、突然マレーシアへ住むことになった経緯や、勢いや軽い気持ちではなく真剣な決断であることもしっかり伝える必要があると思いました。

 

・・・というわけでクアラルンプールから深夜便で帰国後、着いたその日の昼過ぎには電話で親へ報告。

(本当は落ち着いてからと思ったんですが、もうそわそわして耐えきれなかったというのが正直なところです。笑)

 

 

こういう話は一切これまで親にしてこなかったので、電話をかける前はめちゃくちゃ緊張しましたが、彼と出会ってまだ1ヶ月ということもビックリするほどすんなり受け止めてもらえ、

「まあ、よかったわね。おめでとう。」と父と母から喜びの声が返ってきて本当にホッとしました。

 

ちなみに・・・私の従兄弟にセネガル人の男性と国際結婚した子がいるんですが、

今回結婚したい人がいるからマレーシアに行くことになった、と伝えた時、まず親に最初にされた質問が「その人、何人?」でした。

「日本人」と答えたら、「なんだ、日本人か」“なんだ普通じゃん”的な反応をされたのは今でも笑い話です。 (セネガルの驚きに比べたらそりゃそうだ。笑)

 

あと安心してもらえた一番は、彼のブログを紹介したことでしょうか。

彼がアップしているYoutubeを見て人柄を感じかなーり安心してくれたよう!発信ってこういうところにも役立つんですね。笑

 

 

トントン拍子に進むとはまさにこのこと

また同じく彼も同日に彼のご両親へ電話で報告、そして彼と出会うきっかけになった結婚相談所も退会することになりました。

この辺りは私以上に彼の行動が早くて「え、もう退会手続き終わったの?はやっ!!!」と驚きましたが(さすが起業家ですね。笑)

「最優先事項やから。」といって動いてくれる様子から彼の本気度も伝わってきて、それもまた嬉しいポイントでした。

 

 

そこから色々親とも話す中で、「一度彼にも会ってみたいんだけどどこかで日本に来てもらえる?」となり、

それであれば「私がマレーシアに行く前に彼にこちらへ来てもらうのが一番無駄がなくていいね」となり、

ちょうど和歌山のおばあちゃんの家に行く予定に合わせて「彼のご両親にもご挨拶させてもらおう」となり、

 

・彼が静岡の私の実家へ挨拶に来る
・私が彼の京都の実家へ挨拶に行く
・両家で挨拶

 

という超ハイスピードの挨拶ツアー(?)3日程が急遽企画されることになりました!

でもこの日程調整も親の協力&応援もあって本当にスムーズに進み。トントン拍子とはまさにこのこと。

 

うまくいく時って全てが流れるように進む。

 

この言葉の意味を心から実感することができました。

 

 

マレーシアから彼がやってきた!

・・・というわけで、7月10日から挨拶ツアーがいよいよスタート。

まずはマレーシアから帰国した彼が早速私の静岡の実家へ挨拶にきてくれたのですが、電話は頻繁にしているとはいえ彼と直接会うのはまだ3回目。よく考えたらすごいことですよね。笑

 

 

父も母も前の日からそわそわしていましたが、無事和やかに終わり一安心。

自分が長年住んできた街や実家に彼がいるというのは、なんとも言えず不思議な感じでした。

 

 

その二日後には私が彼の京都の実家へご挨拶に伺わせていただきました。

ご両親とも大歓迎で迎えてくださり、ブログも楽しみに読んでるよ、と言ってくださり、

彼の小さい頃のエピソードやご家族の話を聞かせてもらったり・・・

 

彼はこんな家庭でずっと愛されて育ってきたんだなあ。家族の絆ってすごいなあ。

と1人でうるうる感動。。涙涙

 

 

「結婚したいと思っている人がいるんだ」

最初に彼からそう電話で報告を受けた時、彼のお母さんは号泣してくださったそう。そしてこころキッチンのHPを見た瞬間に「この方なら息子を任せて大丈夫。」そう感じ肩の荷がおりた、とのこと。

「せいやを好きになってくれてありがとう!」と恐縮ながらも御礼の言葉をいただきましたが、

 

こちらこそ本当に本当にありがとうございます。

こちらこそせいやくんと出会わせて下さり、ありがとうございます。

そしてこれからも見守っていてください。

 

ちなみに彼のお父様は彫刻家、お母様は歌手、という芸術家のご一家。

お母様は京都で歌の教室やコンサートなど様々な活動をされていらっしゃいます、よかったらぜひご覧になってみてください♪

彼のお母さんのHP (江藤ゆう子 Official WebSite)

 

(母とおばあちゃんが、いただいたCDを聴きながら知床旅情を合唱している様子)

 

最後は両家で挨拶

最後はお互いの両親、私と彼の6名で一緒に食事をしました。

 

 

まだ彼と出会ってたった2ヶ月。2ヶ月前はまさかこんな未来が待っているなんて1mmも!!予想していなかったけれど、

でも大切にしたいと思える人、お互い心から幸せを願い合える家族が増えるって本当にいいなあ。。。。

 

そして何より、

突然料理教室の仕事をクローズして1人で海外へ行く!!と言い出した娘を、口では言わずとも内心とても
心配していたに違いない。

そんな自分の父と母を少しは安心させてあげられたかなあ、と思います。

 

 

入籍や結婚式など、具体的なことはこれから話し合いながら丁寧に決めていきたいと思っているのですが、ひとまず家族が喜んでくれていることに何よりもホッとした数日間。

自分を支えてくれている人たちへの感謝を忘れず、残り少ない日本での日々を楽しみ味わい尽くしていきたいと思います。

 

いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。

 

 

P.S. 挨拶が終わった後は京都で温泉や保津川下りも楽しみました♪

 

 

 

こころキッチンアフターストーリー

【Vol.0】こころキッチンを卒業したら”運命の出会い”と”結婚”がやってきました。

【Vol.1】34歳アラサー独身・恋愛ご無沙汰・起業家女子の婚活スタート物語

【Vol.2】”海外移住”と”結婚”、どちらも叶える方法を本気で考えてみました。

【Vol.3】理想の結婚、譲れない思い。そしてこころキッチンクローズという大決断。

【Vol.4】運命の日は突然に。出会う10分前に”結婚”を確信した話。

【Vol.5】初デートはシンガポールの料理教室でした。

【Vol.6】マレーシアと餃子と結婚と。もう恋なんてとっくに超えていた話。

【Vol.7】今だから言える、こころキッチン的・婚活に対する考察とまとめ<前半>

【Vol.8】今だから言える、こころキッチン的・婚活に対する考察とまとめ<後半>

 

【番外編その1】出会って2ヶ月。超スピードで進みました、両親への挨拶ツアー

【番外編その2】マレーシア移住に向けて荷造り開始!スーツケースの中身は・・・

【番外編その3】マレーシア生活の始まり始まり。2人ごはんになりました。

【番外編その4】マレーシア2人暮らし生活が快適すぎる件。

 

一覧ページ