【Vol.5】初デートはシンガポールの料理教室でした。

2019-07-11 19:00:17

こころキッチンアフターストーリー、先日の公開後からSNSやメールで本当にたくさんのおめでとうメッセージをいただきました。

皆様、本当に本当にありがとうございます!

海を越えた私の婚活物語、ここからはいよいよ彼と直接会ってからのお話をお届けしていきたいと思います。

 

シンガポール観光、行きたい場所は

5月末、私がシンガポール法人用の銀行口座開設を目的に現地へ行くのに合わせ、マレーシア在住の彼と初めてシンガポールで直接会うことになりました。

しかも彼の提案により、いきなり丸々2日間!

彼はまだ一度しかシンガポールへ行ったことがないとのことで(私はもう5回目。笑)、一緒に色々観光しよう、ということに。

 

そして「どこか行きたいところある?」と聞かれた時に、迷わず私が答えたのは

マーライオンよりも、マリーナベイサンズよりも、

 

“料理教室”と”マーケット”

 

・・・自分の趣味大全開ww

でも彼は「みほちゃんの行きたい所へ行こう!」と快く賛成してくれました。

 

 

ただこの時は、「2日間会おう」と相手から言ってもらえたのはとても嬉しいながらも、メールや電話で毎日やりとりし、彼のブログも読み人柄もちゃんとわかっていながらも、

いきなりそんなに長時間ずっといて大丈夫かしら??と、若干危惧していました。笑

そして必死の冷静モード?で、「落ち着け。調子にのるな。直接会ってちゃんと確かめよう。」と自分に言い聞かせていました。笑

 

ついに当日がやってきた

そして・・・ついにシンガポールで彼と会う当日がやってきました!

(会う前日にシンガポール法人やビザの手続きという重大任務もあったのですが、正直翌日のことで頭がいっぱいでした。笑)

 

ドキドキしながら初めてホテルのロビーで会った彼の印象は、スカイプで話した時の印象よりもさらに優しそう。という感じ。

でも電話で色々話していたとはいえ、最初はとても照れ臭かったです。

 

 

そしてまず2人で向かったのは、料理教室!!

本当は、最初はゆっくりランチしながら話せた方がいいかなと思っていたのですが、どうしてもそこしか予定が合わず、いきなりタクシーで直行。笑

彼と一緒だったことは書いていませんが、その時の様子はこちらのブログにもアップしています。

 

(料理教室の先生です)

 

2人で一緒に材料を切ったり、順番に炒めたり、距離めっちゃ近いし。なにこのいきなりドキドキな展開。爆

実はこの時かなり気温が高く、いきなり汗だくになってだいぶ焦ったのですが(一応女子的に。笑)、

完成したマレー料理もとても美味しく、普段全く料理をしないという彼も「すごく楽しかった!」と言ってくれて一安心でした。

 

 

その後はこちらのブログ記事にもある通り、マリーナベイサンズの下でシンガポールの景色を一望したり、ガーデンバイザベイのショーを眺めたり。

夜はワインで結構酔っ払い、それもまたとっても楽しかったです。

(自分と同じくらいたくさん飲める人で本当に良かった!でもこういうの結構大切ですよね。)

 

 

2日目もシンガポールを大満喫

2日目はこちらのブログ記事にある通り、チョンバルマーケットへ行ったり、マーライオン前で記念撮影したり、リトルインディアへ行ってみたり。

 

 

そしてその後、夕飯まで空き時間が微妙にあったのですね。

じゃあどうしようかとなり、その場のノリで観光バスにのってシンガポールの街を一周することに!

 

 

ちなみにこれは後から聞いた話なのですが、彼はこの時のちょっとした予定変更に対する考え方や何をするかの選択というところに、すごく価値観が合うなと感じたらしいです。

結婚するならこういう人が合うのかも、こういう人と一緒に暮らしたいな、と感じてくれたそうです。

(全然知らなかったし、普通だと思ってた!笑 でもこういう小さな所に、価値観や人柄って表れるのかもしれないですね。)

 

やっぱりこの人だなあ。という確信

こうして2日間ずっと彼と過ごした訳ですが、変に気を張ることなく素のままいられて、とても居心地が良く。

あとは何も喋らない時間も気まずさが全くなく、自分のペースでいることができた。

自分の心に違和感がある時ってすぐにわかるけれど、それが全くなかった。

 

だからこそ、ああやっぱりこの人だなあ、と思いました。

会って確かめようと思っていた確信は、さらに私の中で強まるものとなりました。

 

 

そして彼も

「みほちゃんには何でも話せる」(普段1人でいることが多く、基本何かない限り誰かに仕事の相談などもすることはないそう)

「直接会って雰囲気とかわかってよかった、(スカイプで話した時よりも)笑顔の感じとかすごくいいなあと思った」

「みほちゃんが料理をする姿が見られて良かった」

「これからももっと頻繁に会えたらいいね」

めちゃくちゃ正直な人なので、素でそんな言葉を言ってくれました。照

 

 

あとは・・・この記事にも書いたのですが、最後お別れ前に一緒にワインを飲んでいた時、

「こころキッチンもあと1ヵ月で終わりなんだ。」

そう思ったら、突然ボロボロ涙が出てきてしまって。

 

その時に「頑張ってきた人しか流せない涙だね。」と言ってくれたのは、実は彼でした。

そして「みほちゃんの決断は本当にすごいことだと思う。僕までなんだか泣けるわ。」と一緒にちょっぴり涙ぐんでくれた、そんな優しさに溢れる人。

自分がここまで頑張ってきたこころキッチンの仕事を、彼が心から尊重し応援してくれたことも、本当に本当に大きかったと思います。

 

(ちなみに・・・この時酔った勢いで「結婚してください」と自分から言いそうになったんですが爆、でもまた会おうという話になったのでなんとか思い留まりましたww)

 

 

最後に・・・

 

6月末でこころキッチンがクローズしたら、その後予定通りシンガポールへ行く?

それとも彼とうまくいったら、彼が住んでいるクアラルンプール!?

 

彼が自分の人生に登場したことにより、突然増えた未来の選択肢。

 

 

この先私どうする?どうなる?

っていうか、1ヶ月以上会わないとか無理!!またすぐ会いたいし!!

 

・・・と思った私は、ここで持ち前の行動力を最大発揮しました。笑

 

 

「6月に今度は私がクアラルンプールへ遊びに行くね!」

私は彼にそう宣言し、シンガポールからの帰国後、3週間後のクアラルンプール行きのフライトを即予約したのでした。

 

次の記事へ続く。

 

 

こころキッチンアフターストーリー

【Vol.0】こころキッチンを卒業したら”運命の出会い”と”結婚”がやってきました。

【Vol.1】34歳アラサー独身・恋愛ご無沙汰・起業家女子の婚活スタート物語

【Vol.2】”海外移住”と”結婚”、どちらも叶える方法を本気で考えてみました。

【Vol.3】理想の結婚、譲れない思い。そしてこころキッチンクローズという大決断。

【Vol.4】運命の日は突然に。出会う10分前に”結婚”を確信した話。

【Vol.5】初デートはシンガポールの料理教室でした。

【Vol.6】マレーシアと餃子と結婚と。もう恋なんてとっくに超えていた話。

【Vol.7】今だから言える、こころキッチン的・婚活に対する考察とまとめ<前半>

【Vol.8】今だから言える、こころキッチン的・婚活に対する考察とまとめ<後半>

 

【番外編その1】出会って2ヶ月。超スピードで進みました、両親への挨拶ツアー

【番外編その2】マレーシア移住に向けて荷造り開始!スーツケースの中身は・・・

【番外編その3】マレーシア生活の始まり始まり。2人ごはんになりました。

【番外編その4】マレーシア2人暮らし生活が快適すぎる件。

【番外編その5】婚活や結婚生活にも役立つ!自分メディアからの情報発信のススメ

【番外編その6】自分の人生に絶対妥協しない。あなたを包む温かい世界は必ずあるから

【番外編その7】自分らしく生きると、必ず神様が望む未来へと導いてくれる。

【番外編8】世界からお届けする新時代のライフデザイン。只今、新ブログを準備しています。

【番外編9】”奇跡”とは積み重ねた先に起こるもの。これからも変わらず、日々コツコツと。

【番外編10】やっぱりおうちごはんは最強!毎日の2人ごはんの一工夫 fromマレーシア

【番外編11】多様な文化が混じり合う”東洋の真珠”ペナン島へ家族旅行に行ってきました。

【番外編12】私の人生を変えた場所。シンガポールに永遠に恋してる。

【番外編13】出会うべくして出会った人。”毎日ますます好きになる”結婚って本当にあるんだ。

 

 

一覧ページ